地魚入りづけ丼/浜焼き食べ放題 -漁師料理たてやま/おみやげ市場

地魚入りづけ丼

館山・南房総のご当地グルメ。漁師料理たてやま/おみやげ市場で食べるべき一品は…「地魚入りづけ丼」1230円

かじめ汁、日替わり小鉢、デザート付き

地魚がしょうゆベースの甘めのタレに漬け込まれ、刺身がとろりととろけるような風合いをもち、ほんのり暖かいご飯のそれほど強くない酢飯と相まってよくある普通の海鮮丼とはまた違うおいしさ。

私たち編集部の選んだ食べるべき一品は・・・

「地魚入りづけ丼」

地魚を自家製のタレで漬けにして、すこしあたたかいご飯の上にのせて丼にしたものです。

(季節で入荷するお魚によって変わります)

まぐろ、たい、真鯛、サワラ、ぶり、帆立、めばち、すずき等

お米は安西農園さんから仕入れられています。

漬けダレは、ベースが醤油ですがお刺身が1番美味しく食べられる甘めにしているとのこと。

何種類か作った中で試行錯誤繰り返し、地元に1番近いこだわったタレで系列店ともまた違うタレです。

酢飯はお寿司に合う米酢として生まれた白菊を使用。

添え物で付いている生のかじめ汁は、金谷漁港で採れたものを使用。

単品注文も可能で、売店でも販売しています。

丼もののテイクアウトの場合、乾燥かじめがついてきます。

食べるべき一品<br>編集部 リナ<br><br>
食べるべき一品
編集部 リナ

特製の甘めなタレに漬け込まれたお魚はより美味しさが引き出されている。

食べるべきもう一品

「浜焼き食べ放題」大人3500円(90分)

漁師料理たてやま、このお店でこのメニューを外すわけにはいかないでしょう。

観光客にも人気のこのバイキングメニューは、地元の漁港を含む千葉県等で水揚げされた貝類などの海産物が主としてたくさん用意された食材をご自身で焼いて食べることができるエンターテインメントなのです。

今回用意されていた食材は、

はまぐり/ほたて/牡蠣/ホンビノス貝/サザエ/鮭カマ/メカジキのカマ/まぐろハンバーグ/豚肉/嶽きみ(青森のとうもろこし)/アジの干物/エリンギ/かぼちゃ/枝豆/ソーセージ/骨付きフランク/ライチ/お新香/ホテトサラダ/マカロニサラダ/たまねぎ/天串(タコ)/天串(紅生姜)/

海鮮丼用食材
岩ダコ/炙りサーモン/イカ/エビ/ネギとろ/マグロ/玉子焼き

さらに、ご飯、酢飯、味噌汁やアイスクリームやソフトドリンクもついていますので存分に楽しめるでしょう。

トングと軍手を使用して網の上に載せ焼いていきます。その注意事項等はお店でご覧ください。
お好みで醤油をかけていただきます。別売りでバターもおすすめです。

食べるべき一品<br>編集長
食べるべき一品
編集長

貝づくし。ホンビノス貝、はまぐり、塩味が効いて滋味溢れ、噛み締めると旨味のある貝汁が湧き出してくる。サザエも磯味濃く、焼きしょうゆをかけることでまた深い味わいがまし、独特の弾力のある噛みごたえを楽しめる。とにかく手軽に目の前で焼いてその場で味わえるという体験こそがおいしさの秘訣。

さらに追加注文するなら

・金目なめろう丼 2860円

・贅沢なめろう丼 1925円

なめろうシリーズも人気!!特別配合の味噌を使い、地の魚も沢山入っていて魚の歯応えを実感できるようにゴロゴロ食感を残しています。

★おみやげ市場

「嶽きみ(だけきみ)ソフトクリーム」 350円

須藤牧場のアイスと青森から仕入れているとうもろこしのピューレが混ぜ込まれている。

社長さんが青森の出身で、嶽きみが美味しいからと提供をはじめられたそう。

青森県弘前市の岩木山麓・嶽高原で栽培されているとうもろこしを「嶽きみ」(だけきみ・嶽キミ・嶽のきみ)といいます。 「きみ」 とは津軽弁でとうもろこしのことを指します。

「嶽きみ」は他のとうもろこしに比べ糖度が高く、生でも食べられる甘さを持った最高のとうもろこしブランドです。

嶽きみ.com

このとうもろこしの甘み。こちらでしか食べられない一品

お店のはじまりと店主の想い

2011年4月8日に漁師料理たてやま開業

まず最初に2005年に金谷店オープン

その後2007年4に浦安店オープン

そして、今は亡き会長が館山の地にも、もう少し大きい施設を開き、地元のお魚をもっと美味しく食べていただきたいという思いから、船形漁港から仕入れ、お客様に新鮮で美味しいお魚を提供されている。

店主さんとのお話語録

店長<br>香西さん<br>
店長
香西さん

満足。ボリュームがあった!!と思って帰られていただきたいです!

タイトルとURLをコピーしました