凪どら
−菓子匠 やまもと (旧 山本菓子舗)

凪どら

館山・南房総のご当地グルメ。菓子匠 やまもと (旧 山本菓子舗)で食べるべき一品は…「凪どら」150円

あんこが甘すぎず、しっかりと小豆のおいしさが感じられ、あーどら焼きってこんなにちゃんと美味しかったんだと思わせてくれる。どら焼きにいいイメージのない人に、ぜひ一度食べてもらいたい一品。

私たち編集部の選んだ食べるべき一品は・・・

「凪どら」

生地はふわふわしっとりを目指していて、かなり創意工夫しているそう。

あんこは北海道産の小豆を使用していて圧力鍋でしっかり煮ていてどちらかというと甘めに作られています。

どら焼き用のあんこを使用していてしっかり密漬けしたり、他のあんこよりは手間をかけています。

凪どらの他のお味は、生クリームと栗があります。こちらもぜひ試してみてください。

名前の由来は館山の海が凪いでいるから、凪どらという名前にしたそうです。

館山湾は、波がそれほどたたないことで、別名鏡ヶ浦と呼ばれるほどです。

食べるべき一品<br>編集部 リナ
食べるべき一品
編集部 リナ

フワフワの生地と絡み合う甘めのあんこ。生地とあんこの量が絶妙なバランスで美味しい!

さらに追加注文するなら

赤飯

赤飯」 2合入りで480円

吉田米屋さんの餅米を使用しています。ささげの風味とふっくら感を大事にして作られている

※進物用の重箱は、サイズが色々ありますのでお問い合わせ下さい

お店のはじまりと店主の想い

 昭和9年(1934年)に創業し平成26年(2014年)にリニューアル。

食べるべき一品の凪どらについて

3代目山本雄二郎さんが修行から帰ってきて学んだ事を糧に、ここ山本菓子店のメインとなるような菓子がなかったので、何かコレ!という一本柱を作ろうと考え、親しみやすいどら焼きを考えて作り出した。

店主さんとのお話語録

三代目<br>山本雄二郎さん
三代目
山本雄二郎さん

『和菓子で彩る毎日を』をモットーに、季節の和菓子を作っています。また皆さんが笑顔になるような和菓子を提供できるよう努力しています。

◆住所
菓子匠 やまもと (旧 山本菓子舗)
千葉県館山市北条1821

◆電話番号
0470-22-0835

◆営業時間
9:00〜17:00
◆定休日
不定休
◆ 駐車場
お店の横と近くのアークスショッピングモール
◆テイクアウト
できます

タイトルとURLをコピーしました