ブランデーケーキ
-BLUTO’S CAFE(ブルートズカフェ)

ブランデーケーキ

館山・南房総のご当地グルメ。BLUTO’S CAFEブルートズカフェ店で食べるべき一品は…「ブランデーケーキ」1200円

濃厚にブランデー香るかなりしっとりした大人なケーキ。ほどよく柔らかくほろりと崩れて口の中でブランデーの香りやバターなどさまざまな余韻を残しつつ消えていく。

私たち編集部の選んだ食べるべき一品は・・・

「ブランデーケーキ」

このブランデーケーキはお土産用のケーキとして完成しました。

試行錯誤を繰り返し、甘すぎずくどくなく、しっとりさを1番に目指し、完成形が出来上がりました。アルコールが入っているので日持ちします。

焼き上がった直後、まだ熱々の内にブランデーを沢山かけて急いで包装する事がポイントで、寝かせる度にしっとりさが増します。

焼く時にもブランデーを混ぜていて焼き上がって上からかける時は、アルコールとお砂糖などお湯で割ったブランデーをかけてなじませています。

材料は、ブランデー/生クリーム/宮本養鶏場の卵/薄力粉/バター/植物性油脂/小麦粉/ベーキングパウダー/砂糖

一日多くて20本も売れるそうで、今はまとめ買いをする方も多いとのこと。「冷凍してもまた食感が変わって美味しい」と教えて下さいました!

食べるべき一品<br>編集部 リナ
食べるべき一品
編集部 リナ

何とも言えないしっとりさがたまらない!!ブランデーの香り、風味、甘さといい…教えていただいた通り冷凍してみたらまた絶妙な食感になり、また違った美味しさでした。

さらに追加注文するなら

シフォンケーキ
生クリーム添え450円、アイス添え600円
他のお店とは違うふわふわ感!!

ハンバーググラタンカレー」 2000円
男性には盛りが多いと大人気!

お店のはじまりと店主の想い

 創業2012年。

元々ホテル浜千という和室の建物でした。

それを改装し、10年目で大体のお部屋が完成して今に至ります。

その間、台風で竜巻が通り壊れてしまいましたが、DIYが得意な旦那さんの山口昌克さんがなんとか元通りに直したそうです。 

そして、甥っ子さん(中上貴晶さん)がMotoGPライダーなので、ライダーさんのお客様も多い。

元々ツーリングが多い南房総ですから、ライダーの方たちに大盛りご飯を食べてもらいたいと思いメニュー開発にこだわっておられます。

はじめは京子さんお1人で経営されていましたが、ホテルを始めるときに人手も足りず、小泉シェフが入りお料理は全てシェフの担当になりました。

小泉シェフの経歴

シニアソムリエの資格も持っていますのでワインにも詳しい。

アメリカの大統領も会食する有名な「うかい亭」でシニアソムリエをされたり、あちこちで経験を積まれておられます。

館山のアークス内のレストランでフレンチ料理を2年間担当。アークスの二階でお花の教室があり、そこの先生がシェフの奥様で、たまたま習いに通われていた京子さん。

そこで、小泉シェフとの出会いがあり来ていただいたそうです。

スタッフ伊部さんは、小泉シェフの奥様からお声掛けされ10年間ブルートズで勤めており、沢山のデザートを作り続けてておられます。

店主さんとのお話語録

山口 京子さん(左)
山口 京子さん(左)

是非ツーリングがてら、大盛りご飯を食べに来てください!

タイトルとURLをコピーしました